Dev:JA/Ref/Release Notes/2.83/EEVEE

提供: wiki
移動先: 案内検索

Blender 2.83: EEVEE

レンダーパス

対応するコンポジティング用のレンダーパスが増えました。(be2bc97eba)、(開発者ドキュメント)

  • Emission(放射)
  • Diffuse Light(ディフューズ・ライト)
  • Diffuse Color(ディフューズ・カラー)
  • Specular Light(スペキュラー・ライト)
  • Specular Color(スペキュラー・カラー)
  • Environment(環境)
  • Volume Scattering(ボリューム・散乱)
  • Volume Transmission(ボリューム・伝播)
  • Bloom(ブルーム)
  • Shadow(影)

開発者ドキュメント

ライトキャッシュのアップデート

Reflection Probes(反射プローブ)が、8面体マップ配列ではなく、キューブマップ配列に格納されるようになりました。つまり、2.83より前のファイルは再ベイクが必要になり、2.83のライトキャッシュは以前のバージョンの Blender では読み込めなくなることを意味します。7dd0be9554ae


粗い光沢の表面での従来と以降の変化
Cubearray before.png
Cubearray after.png


ヘアーの透過

ヘアー形状が、Alpha Hash(アルファハッシュ)と Alpha Clip(アルファクリップ)モードによるブレンドに対応しました。影のブレンドモードも対応しています。035a3760afd2

Hair alpha.png

その他の変更

  • 新しい `High Quality Normals(高品質な法線)` オプションが Render(レンダー)プロパティ→▼Performance(パフォーマンス)に追加され、高密度のメッシュでの低解像度の法線の問題を回避します。e82827bf6ed5
  • 新しい `Half Float Precision(半精度浮動小数点数)` オプションが、Image(画像)データブロックの設定に追加され、Float テクスチャ読み込み時に32ビットの精度の浮動小数点数を使用できるようになりました。4e9fffc28926
  • Sun(サン)の影のバイアスが修正され、ポイントライトの影のバイアスと同じ挙動になりました。特定のシーンでは、ユーザーが手動で修正する必要があるかもしれません。31ad86884cb1
  • Material Preview(マテリアルプレビュー)モードに、ワールド環境をぼかす量を調節できるオプションがつきました。6e23433c1a74