Dev:JA/Ref/Release Notes/2.83/Python API

提供: wiki
移動先: 案内検索

元記事:Reference/Release Notes/2.83/Python API - Blender Developer Wiki

Blender 2.83: Python API

互換性

  • アドオン:`bl_info` 内の `wiki_url` が `doc_url` にリネーム。`wiki_url` は廃止予定です。(a0ea0153c262)
  • カスタムシェーダーに、`blender_srgb_to_framebuffer_space` 関数を使用してパッチを当てる必要があります。これは出力カラーを確実に正しい色空間に変換するためです。(21c658b718b9T74139)

パッチを当てたフラグメントシェーダー例:

out vec4 out_color;

void main() {
  vec4 srgb_color = vec4(0.5);
  out_color = blender_srgb_to_framebuffer_space(srgb_color);
}
  • Blender のバージョン番号が、標準的な `MAJOR.MINOR.PATCH` フォーマットに変更されました。大半のスクリプトは変更なしで動作するでしょう。
    • `bpy.app.version` が、`(MAJOR, MINOR, PATCH)` を返すように。`PATCH` バージョンは、`0` が最初の安定版で、バグ修正リリース毎に増えていきます。サブバージョン番号やアルファベットはもう使用しません。
    • `bpy.app.version_string` は、開発中のリリースでは `Alpha` または `Beta` が含まれます(`2.90 Alpha` など)。
    • Blender 2.83に互換性のあるアドオンは、`bl_info` 内で `"blender": (2, 83, 0)` と設定し、以前のバージョンと互換性がある場合は小さくしてください。

新規追加

  • ノード:新しい `bl_icon` は、カスタムノードのヘッダーにアイコンを表示します。(120a38c).
  • 画像のピクセルなどの array プロパティ用の新しい `foreach_set` と `foreach_get` メソッド。これは要素毎にアクセスするのに比べ、非常に高効率です。(9075ec8269e7)