Dev:JA/Ref/Release Notes/2.83/Virtual Reality

提供: wiki
移動先: 案内検索

元記事:Reference/Release Notes/2.83/Virtual Reality - Blender Developer Wiki

Blender 2.83: ヴァーチャルリアリティ

最初のネイティブなヴァーチャルリアリティ(VR)対応が利用可能になりました。機能セットはシーン探索のための特定の用途に特化しており、意図的に制限されています。開発チームはこれを最初のマイルストーンかつ、より豊富な VR 機能対応の礎となると考えています。(a22573e243b1ef223bdc2df8307406bfd430rBA636b4ca23)


シーンの探索(Scene Inspecton)

Windows Mixed Reality プラットフォームでの Blender のリアルタイムビューポートの共有

Scene inspection(シーンの探索)は、コンテンツとの相互作用のない、VR 内のシーンを探索するための機能を呼び出します。つまり、これは基本的にヘッドマウントディスプレイ(HMD)の対応と、体験をコントロールするための(VR ビュー外でコントロールできるようにする)いくつかのシンプルな設定を指します。

対応する用途例:

  • ディレクターまたはクライアントにシーンの探索方法として VR を使用し、アーティストにフィードバックする。
  • VR ゲームの作業中のアーティストのためのプリビズ。
  • Samsung GearVR/Google Cardboard 用動画の作成やアプリの作成。


対応プラットフォーム

Blender の Oculus プラットフォームによるリアルタイムビューポートの共有

VR のバックエンドには、VR、AR、MR の新しいスタンダードである、OpenXR を使用しています。まだ新しいため、完成されたプラットフォームはありませんが、Windows Mixed RealityOculus でうまく動作する開発プレビューはあります。

Blender で VR を使用するのには、簡単なステップが少しだけ必要です。マニュアルin the manual.

残念ながら現時点では、HTC ViveValve Index、その他 SteamVRのみのデバイスは OpenXR に未対応です。

Linux OpenXR ランタイムも開発中です(Monado)。ただしソースからのコンパイルと、他にも設定が必要です。Linux でのコンパイル経験が少ない方にはお勧めできません。


VR Scene Inspection アドオン

VR 機能用のユーザーインターフェイスはアドオンを通じて管理されており、デフォルトでは無効になっています。他のアドオン同様、Preferences(プリファレンス)で有効化できます。有効化すると、新しいオプションが3Dビューポートのサイドバーに現れます。

主な機能:

  • VR ビューポート
    HMD へのビューポートのレンダリングと、位置と回転の情報をデバイスからヴァーチャルシーン内の移動に使用に対応。
  • VR ミラー
    通常の各3DビューポートをVRミラーとして動作させることができ、VR ビューアーの視点に追従させることができます。
  • Landmark(ランドマーク)
    任意の数のカメラをビューアーのベースポーズとして格納するシステムです。アクティブランドマークカメラの位置と回転が、ビューアーのベース位置と回転の決定に使用されます。リスト内のカメラアイコンは、現在、どのランドマークがその VR セッションのビューアーのベースポーズに使用されているかを決めます。
  • VR カメラギズモ
    通常の各3Dビューポートの VR 設定には Show VR Camera(VRカメラを表示) オプションがあります。カメラオブジェクトのような形状を表示し、ヴァーチャル空間内の現在のビューアーの位置と回転を示します。
  • Positional Tracking(ポジショナルトラッキング) トグル
    有効時、VR セッション実行中に現在の位置(VR の目の中心の姿勢を元に計算)を維持します。
  • デバッグツール
    新しい `--debug-xr` と `--debug-xr-time` コマンドラインオプション。
  • 便利なエラー報告
    何も HMD が繋がっていない時や、OpenXR 互換のランタイムが見つからない時などの場合、エラーが報告されます。エラー処理は信頼性があり、なおかつユーザーに役立つメッセージを提供できるよう、慎重に設計されています。