Dev:JA/Ref/Release Notes/2.83/Volumes

提供: wiki
移動先: 案内検索

元記事:Reference/Release Notes/2.83/Volumes - Blender Developer Wiki

Blender 2.83: Volume(ボリューム)オブジェクト

OpenVDB ファイルをインポートし、新しいボリュームオブジェクトでレンダリングできるようになりました。OpenVDB ファイルは Houdini などの他のソフトウェアで、または Blender の流体シミュレーションのキャッシュ内に生成されます。

WDAS cloud dataset をワイヤーフレーム、Workbench、Cycles でレンダリング

セットアップ

ボリュームオブジェクトは3Dビューポートの Add(追加)メニューから、または .vdb ファイルを Blender 内にドラッグ&ドロップすることで作成できます。アニメーション用に OpenVDB 連番ファイルもインポート可能です。連番ボリュームの設定は連番画像と同じです。

ビューポート

ボリュームはワイヤーフレームとソリッドモードの両方で表示できます。以下の設定が利用可能です。

  • Wireframe(ワイヤーフレーム)表示タイプ: bound(バウンド)、Box(ボックス)、Points(ポイント)
  • Detail(細かさ): coarse(粗い)、fine(細かい)
  • Density(密度): ビューポートにボリュームを描画する厚み

重いボリュームデータセットでは、オブジェクトを常にワイヤーフレーム表示に設定すると便利です。これにより、ビューポートの応答性を確保しつつ、ボリュームを最終レンダーに表示できます。

レンダー

ボリュームのレンダリングは煙シミュレーションのレンダリングと同じです。デフォルトでは Principled Volume(プリンシプルボリューム)シェーダーがボリュームのレンダリングに使用されます。デフォルトでは、`density`、`color`、`temperature` の名前のグリッドが使用されます。使用できない場合は、他のグリッド名をシェーダーノード内で選択する必要があります。

▼Render(レンダー)設定:

  • Space(スペース): ボリューム密度とステップサイズを、オブジェクトまたはワールド空間で指定するか。デフォルトでは Object(オブジェクト)空間が使用され、ボリュームの不透明度と細かさはオブジェクトのスケールに関わらず同じままになります。
  • Step Size(ステップサイズ): ボリュームサンプル間の距離。0 の場合、ボクセルサイズを元に自動的に推測します。
  • Clipping(クリッピング): レンダリングの最適化時、(密度が)この値より下のボクセルが空の空間と見なされます。

Cycles のボリュームレンダリング設定 も変更され、自動的にステップサイズを推測します。

制限事項

  • OpenVDB は空疎なボリュームの表現に秀でており、ギリギリのバウンディングボックス内に収める必要はないものの、空きスペースに広がる可能性があります。しかし、Blender では今も濃いボリュームとしてレンダリングされており、パフォーマンスとメモリ消費量的には理想ではありません。これは将来的なリリースで改善される予定です。
  • また、OpenVDB ファイルはレベルセットとポイントも格納可能です。レベルセットグリッドの読み込みはできますが、現時点ではサーフェスとしてのレンダリングに対応していません。OpenVDB のポイントのインポートも未対応です。
  • 将来的にはモディファイアーの対応により、ボリュームオブジェクトをもっと強力にする予定です。