Dev:JA/Ref/Release Notes/2.92/Animation-Rigging

提供: wiki
移動先: 案内検索

元記事:Reference/Release Notes/2.92/Animation-Rigging - Blender Developer Wiki

Blender 2.92: アニメーションとリギング

ユーザーインターフェイス

再生の同期が分かりやすいようアップデートされました。(rBf4e8c0c104f).

  • ラベルを "Audio" から "Sync(同期)" に変更("Audio(音声)" ラベルは一つ下のオプションに移動しました)。
  • 同期の選択のラベルを変更:
    • No Sync(同期しない) → Play Every Frame(毎フレーム再生)
    • AV-sync(AV同期) → Sync to Audio(音声に同期)
Release-notes-292-animation-playback-sync.png

アニメーションチャンネル内のグループカラーが Preferences(プリファレンス)で無効化できるように(ad85256e710)。従来の "Show Group Colors(グループカラーを表示)" はエディター毎に設定しなければならず、デフォルトでONになっていました。つまり、グループカラーを無効にするには、ファイル毎、エディター毎に操作が必要だったということです。

そのため、(明るくする必要のある)3Dビューポート内でのボーンカラーと、(暗くする必要のある)チャンネルリストの両方で動作する色を選ぶのが面倒で、大半のアニメーターはチャンネルリストの色をOFFにしていました。それが今はプリファレンスで一度だけ設定すればよくなりました。

Release-notes-292-animation-channel-group-colors.png

上記パネルにある "F-Curve Visibility"(Fカーブの可視性)は、非選択の Fカーブにしか影響を及ぼさないという事実を反映し、"Unselected Opacity" (非選択の不透明度)に変更されました。(b9e02eace69e)

DopeSheet(ドープシート)と Graph Editor(グラフエディター)で、確認ダイアログなしでキーフレームの削除ができるように(290b6d7ef327)。削除オペレーターには "Confirm"(確認)オプションが付き、キーマップからOFFにできます。デフォルトでは'[X]'キーによる削除では追加の削除メニューが開きますが、'[Del]'/'[Backspace]'キーではもう確認の必要はありません。

Delete keyframes.png

Euler Filter(オイラーフィルター)

Euler Discontinuity Filter(オイラー不連続フィルター)が改良されました(rBe4ca1fc4ea43)。この新しい不連続フィルターは、オイラーの X/Y/Z チャンネルをそれぞれだけに行うのではなく、全体的に処理します。これにより、広範囲の不連続を修正できます。 現在、フィルターは下記の順序で、選択中のチャンネルに対し二回実行されます。

  1. X、Y、Z の回転チャンネル3つ全体:行列に変換後、ジャンプを最小限にする方法でオイラー角に戻します。
  2. チャンネル毎:ジャンプを最小限にするための、360度の係数を追加・削除。
Release-notes-292-animation-euler-filter.png

Bake Action(アクションのベイク)

Bake Action: ベイク後の F カーブのクリーンアップがオプションになり、デフォルトでは無効に。従来、Bake Action は二つのことをしていました。

  • アクションをベイク
  • F カーブをクリーンアップ

今はベイク処理のみの実行が(デフォルトでも)可能になりました。

Release-notes-292-animation-bake-action-clean-curves-optional.png

さらに、Bake Action オペレーターが改良版のオイラー不連続フィルターを実行するようになりました。(rBe5528904f121rB0e85d701c654)

Release-notes-292-animation-bake-action-euler-filter.png

コンストレイント用のカスタムのオブジェクト空間

コンストレイントで Custom Space(カスタム空間) が使用できるようになりました。これはカスタムオブジェクトで評価空間を設定する機能で、既存の World Space(ワールド空間)、Local Space(ローカル空間)、Pose Space(ポーズ空間)、Local with Parent(親付きローカル)の次にあります。

この Custom Space オプションは他のオブジェクトやボーン、頂点グループのローカル空間を使用します。オーナーまたはターゲットでこのオプションが選択されると、オブジェクトを選択するボックスが表示されます。 アーマチュアが選択された場合も、ボーンを選択するボックスが表示されます。メッシュオブジェクトが選択された場合は、頂点グループのローカル空間を使用するオプションが表示されます。

Release-notes-292-animation-constraint-custom-space.png


NLA

  • アニメーターがデフォルトでストリップの境界の外側にキーフレームを挿入できるよう、新規 NLA ストリップで Sync Length(長さを同期)が有効になりました(rB60746363875a67ae15278d8e4629f898d9562c47)。ストリップは自動的に新しいキーを含むよう延長されます。
  • モディファイアーのある F カーブが NLA ストリップに対して正しく描画されるように。(rB30dd31a7b3d8)

Weight Paint(ウェイトペイント)

  • 自動正規化を有効にしたウェイトペイントで、ロック中のデフォームグループを0.999999より上まで加算した場合、非常に小さなウェイトではなく、0をペイントするように。(rB58dae919e5)


ボーンの変形

B ボーンのチェーンで、アーマチュアの変形メソッドの Preserve Volume(体積を維持)を有効にしてボーンをスケーリングをするとアーティファクトが生じていたのを修正(大幅に低減)しました。(b5c3f26cba)

Release-notes-292-animation-bbone-deform.png