Dev:JA/Ref/Release Notes/3.60/Python API

提供: wiki
移動先: 案内検索

元記事:Reference/Release Notes/3.6/Python API - Blender Developer Wiki

Python API とテキストエディター

カスタムスクリプトディレクトリ

Release notes multiple script dirs prefs.png

複数のスクリプトディレクトリパスを、Preferences(プリファレンス)の File Paths(ファイルパス) タブで設定できるようになりました。各ディレクトリは通常のスクリプトディレクトリの(startup、add-ons、modules、presets ディレクトリのある)レイアウトに対応しています。(ba25023d22)

互換性の注意:

  • bpy.types.PreferencesFilePaths.script_directory が廃止予定となり、ディレクトリは bpy.types.script_directories で公開されるようになりました。
  • bpy.utils.script_path_pref は削除されました。代わりに bpy.utils.script_paths_pref を使用してください。


Blender のハンドラ

  • bpy.app.handlerssave_post_failload_post_fail)を追加。*_pre ハンドルは失敗時でも常に *_post ハンドラを呼び出します。(46be42f6b16314f)
  • ファイル読み込みハンドラ(save_{pre/post/post_fail}load_{pre/post/post_fail})が、既知のファイルを読み込みまたは保存できるよう、filepath 引数を許容するように。(46be42f6b16314f)

内部メッシュフォーマット

メッシュデータ構造のリファクタリングがもっと前のリリースから3.6まで続けられていました。3.43.5のリリースノートにも同様の項目がありますのでお読みください。

  • メッシュ面コーナー(MeshLoop/MLoop)用に格納されていた頂点や辺のインデックスが、別の属性の .corner_vert.corner_edge に格納されるようになりました。(16fbadde363c807).
  • メッシュの面(ポリゴン)が MPoly タイプではなく、内部的に単一の整数で格納されるようになりました。
    • つまり、面の順番が常に面コーナー(ループ)順で一貫するようになったということです。
    • MeshPolygon.loop_total プロパティは編集不可になりました。代わりに各面のサイズは、隣の面の loop_start プロパティで変更してください。
  • メッシュの辺は汎用属性 .edge_verts に格納されるようになりました。(2a4323c2f51f92f)
    • 新しい 2D integer vector(2D整数ベクトル)属性タイプが、辺データを格納するために追加されました。(988f23cec3912da)
  • UV シームが汎用属性として格納されるようになり、edge ドメインにて .uv_seam でアクセス可能です。(cccf91ff832d119)
  • 面の smooth/sharp 状態が、汎用属性 sharp_face として格納されるように。(5876573e14f434a)
    • 一部のケースにおいて、メッシュが デフォルトで smooth になりました(from_pydata なしで一から作った場合)。
      • 従来の挙動を単純化するため、新しい API 関数 Mesh.shade_flat() と、Mesh.shade_smooth() が追加されました。(ee352c968fd165f)

その他の変更

  • 新しい bpy_extras.node_utils.connect_sockets() 関数。仮想ソケット(Group Input(グループ入力)と Group Output(グループ出力)のグレーアウトされたソケット)間にリンクを作成できます。(81815681d0aeaae)
  • AnimData の新しい action_tweak_storage プロパティ。NLA のクリップの Tweak(調整)中、メインアクションを Stash(保留)するのに使用される一時的なストレージを公開します。(997ad50b4996fb4)